1999年秋、ワンネス・ミュージックよりアルバム『天河原』をリリース。『天河原』が評判を呼び、2001年夏、ビクターエンタテインメントよりシングル『星月夜』、アルバム『さきよだ』でメジャー・デビュー。同夏、青山スパイラル・ガーデンにて「『さきよだ』~名嘉睦稔・TINGARAアートと音楽のコラボレーション」を開催、1万人を越す動員を記録。2001年秋、映画『地球交響曲第四番』(龍村仁監督作品)のメイン・テーマ曲にアルバム『さきよだ』中の楽曲『星ぬ子守歌』が使用される。2002年夏、アルバム『太陽の花』をリリース。同夏、青山スパイラル・ガーデンにて再び名嘉睦稔氏とのコラボレート展「万象連鎖」を開催。好評を博す。2003年夏、アルバム『みるやかなや』をリリース。同年の秋、初めてのコンサート『みるやかなや』を東京国際フォーラムにて開催。2004年夏、アルバム『うなさか』をリリース。同夏、映画『地球交響曲第五番』(龍村仁監督作品)のメイン・テーマ曲にアルバム『うなさか』中の楽曲『神々の時間』が使用される。2005年夏、初めてのベスト盤『TINGARA BEST』をリリース。9月21日、ニューアルバム『風の旋律』をリリース。2008年明治神宮文化館で開催された展覧会テーマ曲『命の森』をリリース。2010年『かむながら』リリース。

+site TINGARA / オフィシャルサイト
http://tingara.com/

米盛つぐみ
Vocal / Keyboards / Programming

沖縄県那覇市出身。沖縄で作曲家及びキーボーディストとして活躍。その後東京に活動の拠点を移す。偶然訪れた名嘉睦稔氏の展覧会でイシジマ ヒデオと出会い、そのサウンドイメージに共感。1998年、TINGARAを結成。和声という概念を持たない沖縄音楽において、色彩豊かなコード感とコーラスワークを得意とする。
 

+オフィシャルブログ
http://tsuguming.blogspot.com/

+twitter
http://twitter.com/nyororincanon

イシジマ ヒデオ
Keyboards / Programming / Sound Produce

神奈川県横浜市出身。10代の頃にギタリストとしてスタジオミュージシャンを経験し、その後アートの世界に転身。1993年に名嘉睦稔氏の作品と出会い、沖縄との関わりが始まる。名嘉睦稔氏の展覧会プロデュースを通して、琉球アンビエントなサウンドのイメージを固め、1998年、TINGARAを結成。映像にも造詣が深く、多才で美的感覚に優れたサウンドプロデューサー。

+オフィシャルブログ
http://hideochan.com

+twitter
http://twitter.com/hideo_chan