カテゴリー : EPISODE

サニ ~目覚めのとき~ の話

>>『サニ ~目覚めのとき~』 MP3  歌詞/解説
「サニ」とは、沖縄の言葉で種を意味するものです。
この曲は最初、「seabed」と仮の名を付けて曲を創りはじめました。
それは深い海の底から、遥か遠い光を目指して旅が始まるような、そんなイメージでした。
そしてその深い海の底とは、同時に、子宮の中のようなイメージでもありました。

続きを読む

おもろ ~神が世~ の話

>>『おもろ ~神が世~』 MP3  歌詞/解説
アルバム『風の旋律』の、ふたつめのおもろ。
「明けもどろ」がのどかな朝の光にゆっくりと目覚めていく情景なら、こちらの
「神が世」は、闇(夜)の終わりを告げ、神々しく立ち昇る光のイメージです。

続きを読む

愛し の話

>>『愛し』 MP3  歌詞/解説
TINGARAの恒例として、毎回アルバムに1曲ずつボクネンさんに作詞作曲してい
ただいた曲を収録しています。
今回送っていただいたボクネンさんの唄は、最初、可愛らしい子守歌のように
聴こえました。
でもその奥に秘められていたのは、愛する人へのいたたまれない想い・・・

続きを読む

恋ぬ舟 の話

>>『恋ぬ舟』 MP3  歌詞/解説
雄大でロマンティックな「恋ぬ舟」。
ボクネンさんからいただいたこの詞がとても好きだったので、おしゃれな曲をつけたくて、何度も試行錯誤しました。
この曲の誕生エピソードは、1999年の夏に遡ります。
ユニット名を「TINGARA」に決めて、ファーストアルバムの準備に勤しんでいた頃です。

続きを読む

南の春 の話

>>『南の春』 MP3  歌詞/解説
これまた季節外れな春がテーマですが、「南からの春の便り」という郷愁を感じるキーワードで
「人とのつながり」を描きたかった曲です。
これまでのTINGARAのレパートリーの中では、ちょっと異色なタイプかもしれませんね。
シンプルなポップス調の曲が異色という、なんともテレ屋(?)なTINGARAなのです・・・(笑)

続きを読む

TOP