>>『愛し』 MP3  歌詞/解説
TINGARAの恒例として、毎回アルバムに1曲ずつボクネンさんに作詞作曲してい
ただいた曲を収録しています。
今回送っていただいたボクネンさんの唄は、最初、可愛らしい子守歌のように
聴こえました。
でもその奥に秘められていたのは、愛する人へのいたたまれない想い・・・


「かなし」とは、なにやら「悲しい」「哀しい」をイメージしてしまいそうです
が、沖縄では「愛しい」を意味します。
切ないほどの愛を込めて、「かなし」なんでしょうね。ステキな言葉です。
自然のこと、沖縄の風土、生活様式、言葉・・・
お会いするたび、ボクネンさんの深い知性と感性に驚嘆させられますが、
今回も楽しいエピソードがありました。
沖縄の音階は、「ドミファソシド」とよく言われますよね。
もっともシンプルにとらえて、西洋音階に当てはめてそう解釈されるわけですが、どこの民族音楽もそうであるように、実はもっと複雑なものなんですよね。
沖縄民謡には、ひとつの曲の中に4度違いのふたつのKEYが存在するように聴こえる曲が時々あります。たとえばKEY Cのメロディーの中にF#の音が自然に出てきてしまう、という感じです。
三線がひとつのチンダミ(調弦)で4度違いのふたつのKEYが演奏可能であるからか、音階の由来はわかりませんが、沖縄的浮遊感を感じる魅力的な部分です。
だけども、新しく生まれている沖縄音楽には、せっかくのその特性を残した楽曲はほとんど見られません。
洋楽的に考えると「スケールがダイアトニックコードから外れる」ので、扱いにくいんですね。
今回ボクネンさんから送られてきたMDには、三線などの伴奏もなく、唄のみで「愛し」が収録されていました。
さっそく聴いてみると、さすがは自然児のボクネンさん。
そのメロディはなんの違和感もなく沖縄風#11で節を回していたのでした。(笑)ヒデオさんとふたりで、いつにも増して楽しいアレンジ作業になりました。
そして今回は、ヒデオさんの生カリンバも初めて、この曲で聴くことができます。
カリンバの音色って大好きだったので「いつか入れてちょ~」と日頃からお願いをしてまして、出来上がりを聴いたときは、この空気感の広がりに感動したものでした。
ヘッドフォンで聴いていただけると、左側にガムラン、真ん中にゲレンさんの三線、そして右側にカリンバ、という絡みがよく聴こえてきますよ。