>>『恋ぬ舟』 MP3  歌詞/解説
雄大でロマンティックな「恋ぬ舟」。
ボクネンさんからいただいたこの詞がとても好きだったので、おしゃれな曲をつけたくて、何度も試行錯誤しました。
この曲の誕生エピソードは、1999年の夏に遡ります。
ユニット名を「TINGARA」に決めて、ファーストアルバムの準備に勤しんでいた頃です。


以前、「夜間飛行」の誕生秘話の中でも書いた、あの釣りの夜。
自分たちのユニット名を早く覚えていただけるように、と、ヒデオさんが出したアイディアは、
TINGARA第一弾のオリジナル曲の詞の中に、「てぃんがーら」という言葉が登場する、
というものでした。
そんなわけであの釣りの日は、ボクネンさんにも、なるべく「てぃんがーら」という言葉を使ってください、とお願いしておりました。
その夜はよく晴れて、みごとな天の川が天に昇り、おかげでボクネンさんもイメージしやすかったのか、即興の歌の中にはいくつも「てぃんがーら」が登場する節がありました。
そして、その中に「恋ぬ舟」のひとつめの琉歌もありました。
沖縄には「天の川」を表す単語に、地域によって「てぃんがーら」「てぃんじゃら」と、
両方の発音があります。
この琉歌には「てぃんじゃら」のほうが語呂が良かったようですね。
後日、伊勢丹美術画廊での個展に来場されたボクネンさんに、
この琉歌についてお尋ねしたところ、
その場で「百合花や・・・」とふたつめの琉歌を詠んでくださいました。
そして今年、『風の旋律』への収録にあたって、出来上がったデモを
ボクネンさんにお送りして、3番めの琉歌を書いていただきました。
こうして時を経て完成した「恋ぬ舟」。
試行錯誤した甲斐あって、達成感のある仕上がりになりました。